飲みやすい青汁人気ランキング
青汁に期待できる健康効果

健康効果の高い青汁ランキング

青汁にはビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれているので、健康に非常に良いとされています。
青汁を飲んでいる方の口コミを見ても「体調が良くなった」「持病が少し改善された」「肌のつやが良くなった」「便秘が解消された」「痩せられた」「寝つきが良くなった」など、様々な意見を目にします。

実際に管理人も青汁を3年ぐらい飲む見続けていますが、以前よりも朝スッキリ目覚められて体調が良くなったような気がします。
友人には「プラシーボ効果じゃない?(笑)」と言われましたが、例えプラシーボ効果でも、実際に以前よりも活発的に行動できるようになったので飲む価値は十分にあると考えています。

青汁は使っている原料によって効果が違いますが、今回は青汁に期待できる健康効果の基本的なものをまとめてご紹介したいと思います。
もし、何かの病気や症状を改善したくて青汁を飲もうかなぁと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目の健康アップ効果

期待できる原料:ケール、大麦若葉
目の網膜には光を感じるたんぱく質「ロドプシン」があります。
ロドプシンはビタミンAによって生成されるため、青汁を飲むことによって生成を促すことができます。(正確には青汁に含まれるβカロテンが体内でビタミンAへと変換するため、青汁自体にビタミンAが豊富に含まれているわけではありません)
夜盲症や眼精疲労を予防したい人におすすめ。

特に、ケールには紫外線などのダメージから目を守る働きを持つ「ルテイン」という特有の成分が含まれているのでおすすめです。

皮膚や粘膜を丈夫にする効果

期待できる原料:ケール、大麦若葉、明日葉
ビタミンA(βカロテン)やビタミンCが含まれているので、コラーゲンの生成を促したり、皮膚の粘膜を丈夫にする効果があります。
また、ビタミンEは抗酸化作用が強く、紫外線やストレス・タバコ・加齢によって衰えた細胞を若返らせる効果があります。
傷ついた細胞の回復を早めてくれるので「最近、傷の治りが遅いなぁ…」という方におすすめです。

美白効果もある

また、ビタミンAには肌のカサつきや肌荒れを改善する効果があると期待されており、ビタミンCには「皮脂の過剰分泌を抑える」「コラーゲンの生成を促す」「皮膚の炎症を抑える」という効果があるので、ニキビ予防に良いとされています。

睡眠を促す効果

期待できる原料:ケール
ケールには快適な睡眠に導いてくれるメラトニンが含まれているので、不眠症の改善にも役立ちます。
夜間に多く分泌されるメラトニンによって睡眠が促され体のリズムが整えられ、ぐっすり眠ることができます。
快適な睡眠は安定した精神と疲労回復に役立つので、寝つきが悪い人はおすすめです。

ストレスを和らげる

期待できる原料:ケール、大麦若葉、明日葉
ビタミンCにはストレスを和らげる効果があります。
ストレスになると肌荒れや抜け毛、体調不良、精神不安定など様々なトラブルが起きてしまいます。
とはいえ、ストレスを完全になくすことは難しく、なかなか発散できないという方も多いかと思いますので、青汁の成分で少しづつ解消していくのがおすすめです。

便秘の解消

期待できる原料:ケール、大麦若葉、明日葉
青汁には食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は腸内の便に水分を与え、ぜんどう運動(便を排出する運動)を活発にさせる効果があるので、便秘解消の効果が期待できます。

青汁で得られる効果の中でも特に効果が出るのが早く、1日~3日程度で効果を感じることができます。

生活習慣病の予防

期待できる原料:大麦若葉、明日葉
糖尿病・高血圧・動脈硬化などの生活習慣病を予防・改善することができます。
大麦若葉はSOD酵素と呼ばれる特有の成分が含まれており、悪玉コレステロールの増加を防ぎ、動脈硬化からなる脳出血や脳梗塞の予防をしてくれます。
また、高血圧に関するマウスを使った実験で、血圧の上昇を抑えられたという実験結果も出ているので、高血圧気味の方は大麦若葉の青汁がおすすめです。

明日葉も特有の成分「カルコン」が内臓脂肪を減少させる働きがあり、マウスを使った実験で証明されています。
ダイエット目的や肥満気味で脂肪を落としたい方は、明日葉入りの青汁を飲むのがおすすめです。

【↓各原料の青汁についてはコチラ↓】