飲みやすい青汁人気ランキング

青汁にダイエット効果はあるの?方法や飲むタイミング・おすすめ青汁を解説

青汁ダイエットをやっている方は多いですよね。最近ではモデルさんでやっている方も多く、ブログやツイッターなどで痩せた綺麗な体系を写真でアップロードしているのもよく見かけます。

他のダイエット方法と違って無理なく痩せることができ、健康にもいいのですが、ただ青汁を飲むだけでは痩せることはできません。しっかりと「ダイエットに適した青汁」を選び、正しく飲むことで最大限に効果を発揮することができます。

そこで今回は、青汁ダイエットの効果や方法、適した青汁などをご紹介していきたいと思います!

↓ダイエットおすすめの青汁だけを知りたい方はクリック↓
⇒ダイエット青汁ランキングへ

明日葉と桑の葉がダイエット効果を発揮

まず、青汁は「ケール」「大麦若葉」「明日葉」「桑の葉」の4つの原料から1つまたは2つを使って作られています。
どの原料を使うかによって効果が変わるため、人気がある青汁が必ずしもダイエット効果を発揮してくれるわけではありません。

ダイエット効果を発揮してくれるのは「明日葉」「桑の葉」です。

明日葉と桑の葉のダイエット効果

明日葉には「カルコン」という特有の成分が含まれており「内臓脂肪の燃焼」「セルライト改善」の2つのダイエット効果があります。
どちらも30代・40代・50代となってくると自然とついてしまう脂肪なので、明日葉の青汁を飲むことで効果的に改善することができます。
特にセルライトは脂肪吸引が必要なぐらい取れにくい脂肪で、通常のダイエットや食事制限ではなかなか落ちてくれませんから、強い味方になってくれますよ。

一方、桑の葉は「糖の吸収を抑える効果」があります。
詳しい成分の話は難しくなってしまうので省きますが、小腸で吸収されるのを防ぎ大腸まで送るように守ってくれます。
「ダイエットをはじめてもなかなか食事制限ができない…」という方も多いかと思いますが、桑の葉を使った青汁を飲めば、余分な糖の吸収を抑えてくれるので効率よくダイエットすることができます。

便秘解消効果もある

また、青汁には食物繊維が豊富に含まれているため、ダイエット中に起こりやすい便秘を解消してくれる効果があります。
便秘になると肌荒れや口臭が臭くなったりもするので、非常に助かりますね。

食物繊維は腸のぜんどう運動(便を排出する運動)を活発にしたり、便に水分を与えて柔らかくしてくれます。

青汁ダイエットの方法

具体的な青汁ダイエットの方法は「置き換えダイエット」「食前・食後に飲む」のが一般的です。

置き換えダイエットは一食分を青汁に置き換えるだけ。
毎食でなくても、夜食だけ・朝食だけといったものでも効果があります。
「夜に食べた栄養は寝てる間に脂肪になる」と言われていますから、夜ご飯のメニューを一つだけ青汁に置き換えるのがいいでしょう。

飲むタイミングはいつが効果的?

「青汁を飲むタイミングはいつ?」と疑問に思われるかもしれませんが、基本的にはいつ飲んでもOKです。
ただ、ダイエット目的なら食前に飲むのが一番効果的

特に、桑の葉の青汁は糖の吸収を抑える効果があるので、事前に飲んでおけば無駄な糖を吸収せずにすみます。

さらに、青汁に含まれる食物繊維は胃の中で膨張する性質があるので、満腹感をより早く味わうことができると言われています。
「ついつい食べ過ぎてしまう…」という場合は、食前に飲んで食欲を抑えるのがいいでしょう。

産後は医者に聞いてから

産後太りで青汁ダイエットを行う方は、必ず担当の先生に質問してから飲むようにしましょう。
青汁自体は健康補助食品なので体に害はありませんが、成分によっては母乳に影響を与えてしまい、赤ちゃんにも影響がでてしまうことも考えられます。

飲みたい青汁が決まったら、まずはかかりつけの先生に聞き、安全性を確かめてから飲むようにしましょう。

青汁ダイエットで効果が出るまでの期間

ダイエットにかかる期間
「ダイエットを始めたのはいいけど効果が全くでない…」となると心が折れてしまいますよね(笑)
ダイエットに大切なことは”継続”ですが、効果が現れなければ継続が難しくなるのも事実です。

一般的には、青汁ダイエットの効果は3ヶ月以内にでると言われています。
細胞が生まれ変わるにはある程度の期間が必要で、部位によって生まれ変わる期間が違います。

例えば「腸の細胞は3日で生まれ変わる」と言われており、青汁の効果で便秘が解消されるまでの時間は長くありません。
早い人は「当日に便秘が解消された!」という人もいるぐらいですからね。

どんなに遅い部位の細胞でも「3ヶ月で生まれ変わる」と言われていますから、青汁を飲み始めて3ヶ月は続けましょう。

青汁ダイエットに失敗する人の特徴

  1. すぐにやめてしまう
  2. 毎日飲み続けていない
  3. 青汁だけに頼っている

しかし「青汁ダイエットは効果ない」「全然痩せない」と、青汁ダイエットに失敗する人もいます。
そういった方の話を聞いてみると、ほとんどの方が上記のどれかに当てはまります。

先ほども書きましたが、青汁ダイエットは3ヶ月続けることで効果が出ますし、1日1杯飲む必要があります。

また、飲むだけで痩せる魔法の薬というわけではなく、あくまでも健康補助食品です。
なので、適度な運動や普通の食事量に制限しなければ、痩せることはできません。
青汁は痩せやすい体を作り、ダイエット中に不足しがちな栄養を補給することが一番の目的ですから、ジョギングなどの適度な運動を忘れないようにしましょう。

青汁ダイエット総合力ランキング

ダイエットに対する効果・飲みやすさ(続けやすさ)・コストの3点を総合的に評価してランキング形式でご紹介したいと思います!

神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドの詳細老舗お茶屋の青汁!
神仙桑抹茶ゴールドは九州・福岡の老舗お茶屋さんが作る青汁。これまでに1億杯以上飲まれており、お茶屋さんが作っているだけあって「え!?青汁?」と思ってしまうほど抹茶の風味が強く、お茶を飲んでいる感じに美味しくゴクゴク飲めるのが特徴です。原料には桑の葉が使われているため、ダイエット目的の青汁に最適!1杯あたりのコストも安く、全額返金保証もついているので、万が一口に合わなくても損をすることはありません。

通常価格 定期購入 1杯あたりの値段 内容量 原料
5,415円(税別) 90円 60袋/1箱(1日1袋) 桑の葉

ユーグレナ

ユーグレナの詳細TV・雑誌でも話題!
野菜、動物、魚の栄養素を59種類配合したユーグレナを使った青汁。野菜以外の不足した栄養もしっかり補給できるので、ダイエットで不足しがちな栄養をしっかりと補給することができます。また、原料には明日葉が使用されているので、内臓脂肪の燃焼やセルライト解消効果が期待できます。普段の健康が気になりはじめてきた40代・50代の方におすすめです。

通常価格 定期購入 1杯あたりの値段 内容量 原料
4,200円(税別) 3,780円(税別) 121~135円 31袋/1箱(1日1袋) 明日葉

すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁の詳細ダイエットのためだけに作られた青汁!
モデルで飲んでいる方も多く、多数の雑誌に掲載された実績のあるダイエット特化型の青汁。摂取カロリーを抑えながら、太りにくい体を作ることも目的としているため、効率よくダイエットをすることができます。また、初回は630円と他のどの青汁と比べても安く、購入から30日以内なら全額返金保証なので、万が一味に不満があった場合でも損をすることがないので安心です。

通常価格 定期購入 1杯あたりの値段 内容量 原料
3,980円(税別) 初回630円(※) 116~128円 30袋/1箱(1日1袋) 明日葉

※:2回目からは3,480円(税別)