飲みやすい青汁人気ランキング
飲みやすい青汁人気ランキング > 年代別おすすめ青汁 > 野菜嫌いの子供でも飲みやすい
子供でも飲みやすい青汁

美味しさで比較!野菜嫌いの子供でも飲みやすい青汁ランキング

毎日、子供に野菜を食べさせようと思ってもなかなか難しいですよね。仕事や家事で忙しいとつい栄養が偏ってしまったり、子供が野菜嫌いだとせっかく作ったのに全然食べてくれない…というご家庭も多いのではないでしょうか?

厚生労働省では、成人1日当たり350グラム以上の野菜をとることが目標と提唱していますが、日本人のほとんどの年代の方々が野菜不足に悩んでいます。特に子供の野菜不足が増加傾向にあるんだとか。

野菜不足になると食べ物を消化・吸収する力が弱くなったり、虫歯や歯周病、便秘、糖尿病や高血圧などの生活習慣病になったり、精神的にもおこりっぽくなったりします。

また、青汁には食物繊維が豊富に含まれているため便秘に対しての効果が高く、子供の便秘解消目的で利用されている方も多いです。特に排泄を嫌がるお子さんには言ってもなかなか理解してもらえませんから、青汁を飲んでスムーズにさせてあげる方法がおすすめです。

最近の青汁は飲みやすく工夫されており、フルーツジュース味緑茶味になっているものも多い(もちろん、効果はそのまま!)ので、野菜嫌いのお子さんでもゴクゴク飲んでくれやすいですよ。

桑の葉青汁(太田胃散)

太田胃散「桑の葉青汁」の詳細1杯約38円で家計にも優しい!
太田胃散が販売する桑の葉を原料に使った青汁!国産100%の桑の葉を使用し、骨サポート成分「MBP」を配合しているのでカルシウム成分も抜群。子供の骨の成長や骨粗しょう症の予防などにピッタリです。味は高級抹茶をブレンドしているので、非常に飲みやすい青汁となっています。また、太田胃散「桑の葉青汁」は1杯約38円で買えるのもポイント。青汁1杯あたりの値段は120円が相場。家計にも優しく、長く飲み続けることができます。

通常価格 定期購入 1杯あたりの値段 内容量 原料
6,480円 2,268円 38円 60袋/1箱(1ヶ月分) 桑の葉

神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドの詳細老舗お茶屋の青汁!
神仙桑抹茶ゴールドは九州・福岡の老舗お茶屋さんが作る青汁。これまでに1億杯以上飲まれており、子供にも安心して飲ませてあげることができます。お茶屋さんが作っているだけあって「え!?青汁?」と思ってしまうほど抹茶の風味が強く、お茶を飲んでいる感じに美味しくゴクゴク飲めるのが特徴です。1杯あたりのコストも安く、全額返金保証もついているので、万が一子供の舌に合わなくても損をすることはありません。ただし、原料には「桑の葉」が使われているためダイエット目的で子供に飲ませてあげるときにおすすめとなります。

通常価格 定期購入 1杯あたりの値段 内容量 原料
5,415円(税別) 90円 60袋/1箱(1日1袋) 桑の葉

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの詳細黒糖抹茶ゼリーで食べやすい
黒糖抹茶青汁寒天ジュレは青汁と言ってもゼリー状になっており、お菓子感覚で食べることができます。苦みも全くなく、黒糖風味でほんのり甘みがクセになりますよ。間食にも使えるので、おやつの時間にピッタリ。約40種類の植物酵素エキスとクマイザサが入っているのでビタミン・ミネラル・食物繊維はバッチリです。お米由来の乳酸菌が入っているので便秘解消にも役立ちますよ。

通常価格 定期購入 1杯あたりの値段 内容量 原料
4,320円(税込) 2,160円(税込) 105円 30包/1箱(約30日分) クマイザサ、寒天

こどもフルーツ青汁

こどもフルーツ青汁の詳細140億個の乳酸菌と14種類の野菜がコレ1杯!
ヨーグルト14個分の乳酸菌と14種類の野菜+4種類のフルーツの栄養を摂れる青汁。子供専用に作られているので、味の工夫も◎!原料は国産の大麦若葉を使用し、保存料・着色料・人工甘味料などは一切不使用です。価格が少し高いのでコスパがう~んと言ったところですが、味や成分に納得がいけば決して悪くない青汁です。特に味に関しては子供の好き嫌いもありますので、いろいろと試してみましょう。

通常価格 定期購入 1杯あたりの値段 内容量 原料
8,208円(2箱分) 7,797円 ⇒ 初回6,797円 1,000円OFF! 約136円 30包/1箱(約30日分) 大麦若葉