飲みやすい青汁人気ランキング
私の実体験!青汁で便秘解消できたときの口コミ

便秘解消におすすめの青汁はコレ!効果や選び方も解説

青汁を飲み始めてから便秘が解消された」という口コミをは意外と多いため、便秘解消目的で青汁を飲み始める方も多いです。青汁自体は健康補助食品ですので体への副作用の心配もなく、使っている原料によっては便秘解消以外の効果も期待することができますので、下剤などに頼って便秘を解消するよりも健康的というメリットもあります。

当ページでは『なぜ青汁が便秘解消に効果的なのか?』『どういった青汁が便秘解消におすすめなのか?』といったことについてか、ご紹介していきたいと思います。

なぜ青汁に便秘解消の効果があるの?

「そもそもどういった理屈で青汁が便秘解消に役立つのか?」ということについて簡単に解説していきたいと思います。青汁の原料には『ケール』『大麦若葉』『明日葉』『桑の葉』の4つのうちのどれか1つ(または複数)が使われることが多いのですが、これらの原料は食物繊維を豊富に含んでいます。

食物繊維には以下の効果があり、「便秘になったら野菜を食べなさい」と言われるのは、野菜に食物繊維が含まれているからです。

【食物繊維の効果】

  • 腸内の不要物を吸収して体外へ排出される
  • 腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌の数を増やす
  • 腸内の水分を吸収して、便を柔らかく排出しやすくしてくれる
  • 腸内の水分を吸収して膨らむことで満腹感を与え、同時に便の排出を促す

前半の2つは腸内環境を整える役割があり、後半の2つは便秘解消に役立ってくれます。便秘気味の方で「便が固い」「気張ってもなかなか出ない」という方も多いかと思いますが、食物繊維をたくさん摂ることで便自体が柔らかくなるため、いつもよりもスッと便を排出することができます。

また、水分を吸収することによって腸内で便が大きくなり、それによって刺激された腸のぜん動運動(便を排出しようとする運動)が活発になりますので、たくさんご飯を食べない女性でも効率よく便を排出することができるようになります。

「じゃあ青汁じゃなくて野菜をいっぱい食べればいいじゃない?」と思われるかもしれませんが、青汁の原料は他の野菜の何倍も食物繊維を含んでおり、また青汁として水分を同時摂ることでより便が柔らかくなるため、普通に食事で野菜を食べるよりも効率よく便秘解消に役立ってくれるわけです。

また、食物繊維と言っても、正確には『水溶性食物繊維』と『不溶性食物繊維』の2種類があり、上記の後半2つの効果に当てはまるのは『不溶性食物繊維』です。しかし、『不要性食物繊維』を摂りすぎると水分を吸収し過ぎて便が固くなるデメリットもあります。

そのため、食事で不要性食物繊維を多く含んだ大豆やイモ類、キノコ類、ゴボウなどを偏って食べるよりも、水分と同時に摂れて、なおかつ『水溶性食物繊維』も一緒に摂れる青汁の方が便秘解消に役立ってくれるわけですね。

【まとめ】

  • 青汁には食物繊維がたっぷり含まれているから便秘解消に効果的
  • 食物繊維が便を柔らかくしたり、ぜん動運動を活発にしてくれる
  • 青汁なら水分や水溶性食物繊維を一緒に摂れるから便秘が悪化しにくい

妊婦の便秘解消にも役立てくれる

妊娠するとホルオンバランスが変化したり、疲労やストレス、食生活の変化、子宮が大きくなることによる腸の圧迫など、さまざまな理由で便秘になることがあります。そんな妊婦の便秘にも青汁は役立ってくれ、実際に妊婦の便秘解消法として青汁が紹介されることは多いです。

青汁は健康補助食品ですので妊娠していても問題なく飲むことができ、水分補給と食物繊維の摂取が同時に行えるため、「あまり食欲がないな」「料理をバランスよく作るのは大変だな」というときにも強い味方になってくれます。

下剤(便秘薬)も産婦人科の担当先生に相談して処方されたものならいいのですが、市販で販売されているものは妊娠に悪影響を与えてしまうことがありますので、安全性の面から考えても青汁の方がいいでしょう。青汁に含まれる成分で妊娠に悪影響を与えるものは含まれていませんが、心配な場合は気になった青汁について担当の先生に相談してみるのがいいでしょう。

便秘解消の青汁の選び方

【青汁の選びのポイント】

  1. 市販の安い青汁は選ばない
  2. 便杯解消に効果的な原料がプラスアルファで含まれている

市販の安い青汁は選ばない

「青汁ならどれを選んでも同じ」というわけでもなく、しっかりとポイントを抑えて青汁を選ぶ必要があります。まず市販の安い青汁は選ばないこと。価格が安ければ使っている原料も悪いものが多く、”青汁”と書いてあっても原料にケール・大麦若葉・明日葉・桑の葉がほとんど含まれていないこともあります。

また、含まれていても外国産の原料だったりするので「絶対にダメ」というわけではありませんが、やはり口にするものですから「国産のものがいい」という方も多いかと思います。本気で便秘を解消するならドラッグストアやスーパーなどに置いてある安い青汁よりも、通販で販売されているような原料にこだわりを持っている青汁を選ぶようにしましょう。

便杯解消に効果的な原料がプラスアルファで含まれている

最近の青汁は便秘解消の需要が高まっているため、便秘解消に特化した青汁もあります。青汁の定番原料に加えて酵素乳酸菌といった腸内環境を整えてくれる成分を含んでいますので、普通の青汁よりも高い便秘解消効果を感じることができます。

便秘解消におすすめの青汁

原料にもこだわっており、便秘解消に特化したおすすめの青汁をご紹介しています。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの詳細興和株式会社の青汁。寒天ゼリーになっているためお菓子感覚で食べられるのが特徴。ゼリーは水分たくさん含んでおり、病気で水やお茶をこぼしてしまう時の代わりに使われるほど。自分で食べる時はもちろん、子どもに食べさせてあげる時にもおすすめです。成分に国産クマイザサにプラスして、約40種類の植物酵素と乳酸菌を含んでいますので、便秘解消成分も◎

通常価格 4,320円(税込)
定期購入 3,888円(税込)
1杯の値段 129.6円
内容量 30包/1箱(1日1包)
原料 クマイザサ、寒天、乳酸菌
  • さつまいもの29倍の食物繊維を持つ国産クマイザサ粉末を贅沢に使用
  • 約40種類の酵素&100億個の乳酸菌が腸内環境を整える!
  • 黒糖ゼリー風味だから美味しく続けやすい

神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドの詳細九州のお茶屋さんが販売する青汁。2008年にはモンドセレクションも受賞しており、販売実績は1億杯以上を突破しています。お茶屋さんが作っているだけあって味も緑茶をほとんど変わらないぐらい飲みやすく、小さい子供でもゴクゴク飲めるようになっています。残留農薬ゼロの照明や徹底した品質管理によって安全性も◎。初回は全額返金保証もついているので、万が一口に合わなくても、安心して返品することができます。

通常価格
定期購入 5,415円
1杯の値段 90円
内容量 60袋/1箱(1日1袋)
原料 桑の葉
  • 累計販売数1億杯突破!お茶屋が作ったおいしい抹茶味が人気
  • 1杯たったの90円!コスパが良くて家計にも優しい
  • レタス約34倍の食物繊維が腸内環境をしっかりと整える

粉末青汁

サンスター粉末青汁サンスターが販売する青汁。ケールや大麦若葉、モロヘイヤといった食物繊維をたっぷり含んだ野菜をふんだんに使っており、コレ1杯で野菜約100g分の栄養を摂取できるのが特徴。1袋に入っている青汁粉末の量は通常の青汁の2.5倍。無添加にこだわっていますので、妊婦でも安心して飲むことができます。

通常価格 4,500円
定期購入
1杯の値段 145円
内容量 30袋/1箱(1日1袋)
原料 ケール
  • ケールをはじめとする5種類の100%国産野菜を使用!食物繊維もたっぷり
  • 1杯で野菜約100g分の栄養が摂れる
  • 食品添加物も一切不使用で安心