飲みやすい青汁人気ランキング
動脈硬化予防ができる青汁は?

動脈硬化の予防に最適な飲みやすい青汁

動脈硬化は生活習慣病に含まれるほど身近な病気で、ある日突然死んでしまってもおかしくない病気の一つです。
動脈硬化自体に症状はなく、少しずつ悪化していくことで血管が詰まり、「脳梗塞」や「心筋梗塞」を引き起こしてしまうわけです。

なので、他の病気と比べても、特に普段から予防しておくことが大切で、その予防方法に青汁が最適だと言われています。

普段の食事も大切ですが、食事だけだと調理方法によっては十分な栄養が摂れなかったり、「毎日必要な野菜量を満たすための莫大なコスト」「調理の手間」などを考えると、毎日予防するのはかなり大変です。
一方、青汁なら毎日1杯飲むだけなので非常に続けやすく、栄養も的確に補え、コストも1杯80円~90円程度というメリットもあります。

そう考えると、普段の食事に青汁を補ってあげることが、これから何年・何十年と健康に生活するためのポイントとなるわけです。

動脈硬化予防には大麦若葉の青汁

現在は様々な種類の青汁がありますが、使われている原料ごとに分ければ「ケール」「大麦若葉」「明日葉」「桑の葉」の4種類に分けることができます。
この中で動脈硬化予防の効果があるのは「大麦若葉」の青汁です。

そもそも、なぜ動脈硬化が起きるのでしょう。
動脈硬化とは動脈の弾力性がなくなり、硬くなった状態のことをいいます。

血管は本来弾力があるのですが、動脈の内壁に悪玉コレステロールが付着することで壁が厚く・硬くなります。
この悪玉コレステロールは、活性酵素が中性脂肪やコレステロールと結びつくことで増加すると言われています。

悪玉コレステロールへの変化

しかし、大麦若葉に含まれるSOD酵素には動脈硬化の原因のひとつである活性酸素を除去する力を持っているため、動脈硬化の予防に効果があると考えられています。
そしてSOD酵素を含んでいるのは”大麦若葉だけ”なので、動脈硬化予防なら大麦若葉の青汁が最適というわけです。

さらに、50代・60代となってくると血圧が高くなり高血圧にもなりやすくなります。
高血圧になると動脈硬化と合わさって、より脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなってしまいますが、SOD酵素には高血圧を予防する効果もあるので、合わせて生活習慣病の予防をすることができます。