飲みやすい青汁人気ランキング
認知症のタイプ別!予防に役立つおすすめ青汁

認知症のタイプ別!予防に役立つおすすめ青汁

認知症と言ってもいくつか種類があり、青汁を飲むことが認知症予防の手助けになることがあります。例えば、認知症で一番多いのがアルツハイマー型認知症で、認知症の60%は>アルツハイマー型だと言われています。正確な原因はいまだに解明されていませんが、生活習慣を整えて十分な睡眠を取ることが一番効果的な予防として知られています。

しかし、年齢とともに「最近寝付けなくなったな…」という方もいるかと思います。その場合はケールを原料にした青汁がおすすめ。ケールにはメラトニンが豊富に含まれており、睡眠を促してくれる効果があります。そのため、夕食前に一杯飲んでおけば夜になって自然とメラトニンの量が増え、自然な睡眠へと促し、結果的に認知症予防にも繋がるというわけですね。

睡眠の質を上げるケール青汁

「睡眠不足を治しただけで認知症予防できたら苦労しないだろ」と思われる方もいるかもしれませんが、国立精神神経医療センターの研究では30分程度の昼寝をするとアルツハイマーの発症リスクを5分の1にできるという研究結果が出ていますので、睡眠はとても重要なことなのです。

脳血管性認知症の予防にも

アルツハイマー型認知症に次いで多いのが脳血管性認知症。認知症の20%を占め、特に男性で発症する人が多いです。脳血管性認知症が起きる原因は脳梗塞や脳出血、くも膜下出血といった脳の血管に関係する病気を発症したときに合わせて脳血管性認知症が起きると言われています。

なので、予防法としては高血圧や糖尿病などの生活習慣病を防ぐことが大切です。青汁は大麦若葉を原料にした青汁がおすすめ。大麦若葉にはSOD酵素と呼ばれる特有成分が含まれており、高血圧・糖尿病・動脈硬化などの生活習慣病を予防してくれる効果があります。

高血圧に一番効果的な青汁

動脈硬化の予防に最適な青汁

糖尿病予防に効果的な青汁

男性で「太り気味」「運動が苦手」「怒りっぽい」という方は、飲んでおくと安心ですね。青汁は飲むだけで予防効果を発揮してくれるので、何もしないよりかは絶対にいいですよ。認知症は一度発症すると治すことができず進行を遅らせるだけなので、早めの対策が大切です。