飲みやすい青汁人気ランキング
糖尿病予防に効果的な青汁は?

糖尿病予防に効果的な飲みやすい青汁

糖尿病は自覚症状が出ることがほとんどないため「気づいたら糖尿病になってた…」なんてことも珍しくありません。

糖尿病になる原因は「ストレス」、「肥満」、「運動不足」、「暴飲暴食」などのライフスタイルの乱れがほとんどで、その予防法・対策方法は食事療法が効果的と言われています。

食事で摂った糖をインスリンの分泌によって分解するのですが、そもそも日本人は欧米人よりもインスリンの分泌量が少ないのに、食事が欧米化してしまったことによって糖尿病になる男性が急増したわけです。
なので、食生活を改善することで糖尿病予防になるわけです。

しかし、現実的に考えて、食事だけで糖尿病予防って難しいですよね?
早い話が「和食に近い食べ物を毎日食べる」という話ですが、現代のライフスタイルでは欧米化した食事を口にしないのはほとんど不可能です。
自宅で徹底するのもメニューや食材選びを考えると、これから何年・何十年も継続させることはほとんど不可能です。

そこで、効果的なのが「青汁」
青汁ならただ飲むだけでOk・コストも1杯80円~90円ほど・毎日続けやすいというメリットがあります。

糖尿病予防に大麦若葉青汁の青汁を!

青汁を原料別に大別すると「ケール」「大麦若葉」「明日葉」「桑の葉」の4つにわけることができます。
この中で糖尿病予防に効果的なのは大麦若葉の青汁です。

大麦若葉にはSOD酵素が含まれており、血糖値の上昇を抑える効果があります。
実際に糖尿病を患ったラットへの投与実験も行われており、科学的に効果が証明された成分ともいえます。難消化性デキストリンは食後の急激な血糖値の上昇を抑える効果があります。

SOD酵素で糖尿病予防

さらに、大麦若葉は食物繊維をたくさん含んでいるため、血糖値の上昇を緩やかにすることで糖尿病予防の効果を高めてくれます。

普段の食生活の改善も大切ですが、男性だとどうしても付き合いでの飲み会やタバコがあったり、外食の機会が多いかと思います。
こういったものも仕事では大切なことですから、無くすわけにもいきません。
ですから、普段から大麦若葉の青汁を摂ることで、効率よく糖尿病予防ができるわけです。

難消化性デキストリンが糖尿病予防サポート

難消化性デキストリンは糖の吸収を穏やかにしてくれる成分です。トウモロコシのデンプン由来の水溶性食物繊維なので、身体に取り入れても安全です。効果もしっかりと実証されているので、食後の血糖値上昇が気になる方におすすめされています。

しかし、難消化性デキストリンを含んでいる青汁は非常に少なく、有名なメーカーで発売しているのは大正製薬ぐらいです。大正製薬では「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁」という商品名でトクホ(特定保健用食品)として販売されており、「血糖値が気にならなくなった」という口コミが集まるほどの人気。

大麦若葉も原料として使われているので、SOD酵素と難消化性デキストリンのダブル効果で血糖値の上昇を抑え、健康的な身体をゲットしましょう!

血糖値が気になる方ににおすすめの青汁

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁(大正製薬)

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁の詳細糖の吸収を穏やかにする<難消化性デキストリン>配合

【ヘルスマネージ大麦若葉青汁の特徴】
・難消化性デキストリンを配合した数少ない青汁
・大正製薬のトクホだから安心
・特許製法の「超微粉砕製法」で大麦若葉の栄養をしっかり残してくれる
・口当たりなめらかで飲みやすい
初回1,000円&送料無料キャンペーン中!

公式サイト:https://www.taisho-direct.jpヘルスマネージ 大麦若葉青汁公式サイトへ

通常価格 定期購入 1日あたりの値段 内容量 原料
3,800円(税別) 3,420円(税別) 114~127円 30包/1箱 大麦若葉

青汁三昧(ダイレクトショップ)

青汁三昧の詳細10億杯を突破した人気青汁!

ふるさと青汁(マイケア)

ふるさと青汁の詳細国産の明日葉と大麦若葉をふんだんに使用!

【ふるさと青汁の特徴】
・飲み口まろやかで抹茶のような風味が人気の青汁。
・野菜嫌いでも飲みやすい
・明日葉、桑の葉、大麦若葉ブレンドで栄養も豊富
・原料はすべて国産なので安心!
全額返金保証もついているので、損をする心配もなし

公式サイト:https://www.mycare.co.jp

通常価格 定期購入 1杯あたりの値段 内容量 原料
3,800円(税別) 3,420円(税別) 105円 30袋/1箱(1日1袋) 明日葉、大麦若葉